現在位置:観光案内>観光エリア

     大仏寺は紀元345年に建てられ、1600年以上の歴史を持つ寺院である。寺院に数多くの史跡が残され、豊かな文化的な意味合いを持ち、全国で有数開放された主要な寺院ある。六朝時代にここは重要な仏教漢化の発祥地として最初の弥勒道場であり、天台宗と律宗の開祖地の一つである。大仏寺は昔高僧大徳らが多く集まり、歴史上に有名な文人の中に王義之、李白、孟浩然、米芾、顔真卿、弘一、趙僕初などこの寺に訪れたことがあり、日本友人松浦友久もこの寺院に訪問したことがある、この寺院に百以上の人文遺跡が残されました。

住所:浙江省新昌県人民西路117号

お問い合わせ電話:0575-86383030

夏時間:(4月16日から10月7日まで):5:30-17:30
冬時間:(10月8日から4月15日まで):6:00-17:00

オンライン予約
  • 白雲湖

      歴史的な記録には、劉長卿(有名な唐の詩人)は石城山麓に白雲湖畔の碧......

    +詳細
  • 射雕村

      射雕村はテレビドラマ「射雕英雄伝」がここで撮影したという理由で名づ......

    +詳細
  • 木の化石林

      新昌独特の木化石が七種類30本採集され、ここに集まってきた。その中......

    +詳細
  • 双林洞窟

      またとして知られている双林石窟は「寝仏殿」とも言われる、殿内の寝仏......

    +詳細
  • 華厳庵

      華厳庵は妙智恵師太が1922年に建てられた、1994年旧町改造のた......

    +詳細
  • 露天の弥勒仏

      高さ30メートル、頭だけ10メートルという露天の弥勒仏像が、自然の......

    +詳細
  • 羅漢洞

      羅漢洞は以前知られている蟠虎洞である。清乾隆帝の時代に(紀元17......

    +詳細
  • 仏教文化の壁

      仏教文化の壁は長さ36メートル、高さ5メートルで、江南第一大仏、西......

    +詳細
  • 仏の心広場

      仏の心広場は岩の壁に高さ20メートル、広さ13.5メートルの弘一法......

    +詳細
  • 栖光淨院

      栖光淨院の前身は栖光寺と呼ばれる、以前東晋の高僧支遁は晩年に建てら......

    +詳細
  • 般若谷

      般若という言葉は梵文の音読で訳したものであり、仏陀の智慧という意味......

    +詳細
  • 大仏寺

      大仏寺は紀元345年建てられた、隠岳寺とも言われる。梁の時に天監中......

    +詳細
  • 智者大師記念塔

      この塔は天台宗の創立者智顗を記念するために建てられた、智顗は生きて......

    +詳細
  • 放生池

      放生池は以前挟渓塘だった、清王朝末の光緒年間(紀元1857年-19......

    +詳細
  • 石城古刹

      石鳥居に石城古刹と書いたのは有名な書道名家沙孟海氏である。その両側......

    +詳細
  • 弥勒の洞窟

      弥勒の洞窟は南朝永明期間(紀元486年-516年)、僧護、僧淑、僧......

    +詳細
  • 新大雄宝殿

      新大雄宝殿は1994年建てられ、面積は599平方メートル、南向きで......

    +詳細
  • 大悲院

      大悲院は1999年建てられた、面積961平方メータルである。大悲院......

    +詳細
  • 千仏禅院

      千仏禅院は東晋王朝の僧侶于法藍、于法開という両師徒に建てられた、最......

    +詳細
  • 城隍廟

      城隍廟は始めて宋の時代に建てられた、その後元、明、清の時代が何度と......

    +詳細
  • 摩崖石刻

    摩崖石刻は古代の有名人ら大仏を訪れる時に書いたものである。その中に「面......

    +詳細
  • 曇光尊者舎利塔

      この塔は大仏寺の創立者曇光大師を記念するために建てられた、曇光大師......

    +詳細
  • 新社(天然勝境)

      新社は民国の時代に(紀元1925年)建てられた、それは元中華民国の......

    +詳細
  • 父女薇(ぜんまい)

      父女薇は紫薇である、俗称は吉祥樹、痒痒樹と呼ばれる。一般的に落葉ア......

    +詳細

白雲湖

  歴史的な記録には、劉長卿(有名な唐の詩人)は石城山麓に白雲湖畔の碧澗別荘が建てられた。白雲湖では劉長卿が「不為怜同病、何人到白雲?」と書いた詩句で有名になった。白雲湖は仏縁橋、仏渡橋、白雲橋、藍天亭、白雲亭、白雲広場、香樟広場など観光名所が知られている、合わせて2.6万平方メータという広い面積で90%以上が緑地に被られている。


射雕村

  射雕村はテレビドラマ「射雕英雄伝」がここで撮影したという理由で名づけされた、近年他に「天竜八部」、「」、「宝蓮灯」など凡そ百ぐらい程度なドラマがここで撮影された、中国CCTVの撮影基地の一つとして中国で有名である。ここでんもっとも撮影名地として知られたのは牛家村、曲三酒家、楓林客桟、英姑院、郭楊別院、水磨房、八卦書屋、司馬相如府、文君酒肆など、有名な観光地になった。

木の化石林

  新昌独特の木化石が七種類30本採集され、ここに集まってきた。その中に最高の1本が14メートルになっている、化石は7000年から2億年の間であり、中国華東地域の古代気候と地殻の変遷について古生物史に重要な資料になる。又は観賞価値も高く、青少年達への科学教育の理想な場所であるとも言える。(木の化石は長寿石とも呼ばれる、その前身は原始森林中の松、ヒノキ、杉などであり、南洋杉属の一種として知られている。)


双林洞窟

  またとして知られている双林石窟は「寝仏殿」とも言われる、殿内の寝仏像は長さ37メータル、高さ9メータルで西向け寝ている、この像は釈迦がサラソウジュの下に涅槃の時に穏やか、平和、智恵、円満のシーンを再現している。この洞窟は2007年初再建してオープンした、現代洞窟美術の顕著な例としてアジア第一の寝仏像と呼ばれる。

華厳庵

  華厳庵は妙智恵師太が1922年に建てられた、1994年旧町改造のため大仏寺の盤虎岩と象鼻山の間に移設した。華厳庵は山沿いに建てられた、竹林の中に隠され、建物が黄色の壁と黒い煉瓦で洗練に設計され、静かな環境に囲まれている。

露天の弥勒仏

  高さ30メートル、頭だけ10メートルという露天の弥勒仏像が、自然の山の形と人工の頭像との完璧な組み合わせである。仏像の上に青空で、弥勒仏が口を開けて笑っている笑顔を浮かべて、山が仏のようで、仏が山のように見えるという「聖なる佛山」と呼ばれる。


羅漢洞

  羅漢洞は以前知られている蟠虎洞である。清乾隆帝の時代に(紀元1787年)作られた石造り鳥居である、今は廃棄された。石窟がその後改造されたことがあり、仏教500ロハンが観音を礼拝する物語によって、500ロハンが粘土で作られ、全部鮮やかな色を付けで、ロハンらの姿が生々しく見えると、なかなか国内でまれである。


仏教文化の壁

  仏教文化の壁は長さ36メートル、高さ5メートルで、江南第一大仏、西方浄土変説法会を中心として、左から右に順次展開し、1600年以上渡って大仏寺の仏文化の発展と歴史を表した。


仏の心広場

  仏の心広場は岩の壁に高さ20メートル、広さ13.5メートルの弘一法師の手書き「仏」と崖の下にある「心」の字で名付けされた。高僧慧能は「私の心に仏がいる、自心が真の仏、自心に仏がいなければどこに真の仏を求めるの」と言った。広場の南にある古井亭に唐代詩人李白の「石城寺」という詩を刻んでいる、そして広場の照壁上にも唐代詩人孟浩然の詩「腊月八日于剡県石城寺礼拝」を刻んでいる。

栖光淨院

  栖光淨院の前身は栖光寺と呼ばれる、以前東晋の高僧支遁は晩年に建てられたお寺であり、石城(大仏寺)、元化寺(千仏院)と同じように有名な寺院として知られている。支遁は般若学に六家七宗の中で即色宗の創立者である、そして茶禅一味の創始者でもある、仏教の中国文化の創立者の一人と言えます。栖光淨院は2008年再建され、建築は天王殿、三聖殿、地蔵殿、鐘鼓楼、蔵経楼、覚海堂、茶禅一味堂と支遁宝塔、悟道舎利塔、栖光宝塔と他の建物などで構成している。


般若谷

  般若という言葉は梵文の音読で訳したものであり、仏陀の智慧という意味である。般若谷は元々明代の地下採石場で、現代では般若文化を中心として、線刻み、浮彫り、色付けなど様々な表現手法で、仏教の中国化歴史を示した、それは般若歴史上に新昌が重要な役割を果たしたと証明されている。般若谷は2002年にオーポンされ、それは国内廃棄鉱山の有効利用の例として、地下の仏国と呼ばれ、浙江省市政模範工程として賞が授与された。

大仏寺

  大仏寺は紀元345年建てられた、隠岳寺とも言われる。梁の時に天監中与元化寺と栖光寺と合わせて石城寺と呼ばれる。呉越時代に瑞像寺と改名された、宋の時代に宝相寺と指定された、清の末から大仏寺と呼ばれ始めた、今まではもう1600年の歴史を持っている。1983年中国国務院に全国オーポンした寺院の一つである。寺院は山に沿って造ったため、寺院の建物や建築の形などは独特な特徴を持っている、寺内に石弥勒像、晋代の高僧支遁のお墓、創立者の曇光尊者舎利塔、智者大師の記念塔、天王殿、大雄宝殿、太悲閣、天然勝境、放生池及び摩崖石刻など数多くの観光名所がある。

智者大師記念塔

  この塔は天台宗の創立者智顗を記念するために建てられた、智顗は生きている間に新昌弥勒大仏を何度と訪れた。紀元597年、智者大師は晋王楊広に誘われ、天台山から揚州に行った途中、石城寺に弥勒大仏前に亡くなった時に60歳でした。寺の僧侶らは智者大師が弥勒大仏を奉した時に使った衣鉾道具で記念塔を建てた。


放生池

  放生池は以前挟渓塘だった、清王朝末の光緒年間(紀元1857年-1908年)、宝光禅師に再建され、民国時代一度浚渫した後、善男善女に放生用に利用される。池の摩崖に「観自在菩薩」、「南無阿弥陀仏」、「大勢至菩薩」が刻まれている、世に「西方三聖」と呼ばれる。

石城古刹

  石鳥居に石城古刹と書いたのは有名な書道名家沙孟海氏である。その両側に宋の時代に書いた対聯「晋宋開山天台門戸、斉梁造像越国敦煌」は陳山に作られた詩で(陳山は新昌出身の革命家であり、詩人でもある)、書いたのは103歳華東師範大学教授蘇局仙先生であった。対聯に大仏寺が像造りに長い歴史を持っている、石城仏教の歴史、起源、地位と影響について高く評価された。

弥勒の洞窟

  弥勒の洞窟は南朝永明期間(紀元486年-516年)、僧護、僧淑、僧祐三代僧人を通って30年かけて彫られたのである。世に三生聖跡」と呼ばれ、今までは1500年経ったことで、現存世界最も古い石窟大仏である。石窟の弥勒像は高さ16メートル、頭の高さだけで4.8メートル、耳の長さが2.8メートル、膝の間に10.6メートル離れている。像造りの美が中国早期の石窟芸術として江南に唯一残された奇跡である。南朝の有名な文学評論家劉勰は「不世の宝、無等の業」と高く褒めた、江南第一の大仏と言われ、全国重要文化財として保護されている。

新大雄宝殿

  新大雄宝殿は1994年建てられ、面積は599平方メートル、南向きで巨大な建物である。殿内「横三世仏」が奉仕されて、東方浄土瑠璃世界薬師仏」、「中土娑婆世界釈迦牟尼仏」、「西方極楽世界阿弥陀仏」である。三世仏の後ろに「千手千眼観音」立像を奉仕している、それは香樟木で彫ったのだ。新大雄宝殿は寺院の重要な法事を行う場所である。


大悲院

  大悲院は1999年建てられた、面積961平方メータルである。大悲院に観音菩薩を奉仕している、院内に大悲閣、華蔵世界、明心楼、祖師堂、念仏堂など建物がある、主な大殿は大悲閣であり、建築面積が大きく、美しい巨大な建物である。一階に自在観音像、二階に千手千眼観音及びその32の応身像である。大悲院に前は十八羅漢が観音を礼拝する画面壁、全長16.2メートル、高さ5.8メートル、鮮やかで、生々しく、古典的、巧みな設計であり、

千仏禅院

  千仏禅院は東晋王朝の僧侶于法藍、于法開という両師徒に建てられた、最初に元化寺と呼ばれた。南斉時代に永明三年(紀元485年)、洞窟を掘って、中に千以上小仏像を造った、それで千仏院に改称された。千仏石窟は両窟が繋がっている、大窟は幅17.95メートル、深さ10.30メートル、高さ7メートル、合わせて1040個仏像が中に納めている。小窟は幅6.55メートル、深さ4.25メートル、高さ6メートル、合わせて35個仏像が中に納めている。千仏像は大体南朝風であり、非常に珍しい遺産である。今は「中国百科事典(美術編)」と「世界芸術の百科事典・南北朝編」に収録され、石の弥勒像と一緒に全国重要文化財として保護されている。

城隍廟

  城隍廟は始めて宋の時代に建てられた、その後元、明、清の時代が何度と修理を行った。1986年末、市内西門から現在地に移設した。城隍廟は南北軸に沿って、山門、前殿、後殿に順次並んでいる、その中に山門と前殿は清の時代に建てられたもので、舞台は明の時代に建てられた原物である、江南地域に今珍しい遺跡である。今は城隍廟内に新昌の歴史文化財としての遺物が沢山陳列されている。

摩崖石刻

摩崖石刻は古代の有名人ら大仏を訪れる時に書いたものである。その中に「面壁」は書道家の米芾に書かれたものである。米芾は海岳外史という名号を付けている、北宋の時代に有名な書画家であり、書道が穏やかで大胆的である。「来共点」三字は意味が深いものだ、「少有洞天」は奉化の毛玉佩に書かれたものである。


曇光尊者舎利塔

  この塔は大仏寺の創立者曇光大師を記念するために建てられた、曇光大師(紀元286年-396年)、東晋の時代に有名な高僧である。昆山出身、小さいごろから禅を学び始めた。「浙江通誌稿」に彼は習禅の祖として記録された、仏教が始めて浙江省に入った時に彼は禅を習う第一人であるらしい。


新社(天然勝境)

  新社は民国の時代に(紀元1925年)建てられた、それは元中華民国の浙江省長の趙載陽は旅杭同郷会の資金で建造した、社団の人達はここに集会用の目的である、「新社」と名付けされた。新社は樹が多く、豊かな静かなところであり、弘一法師は「天然勝境」と言った、草書の「天然勝境」大字は弘一法師の書道にあまり見られずに珍しいものである。看板の両側の対聯「客上天居居然天上客、人過大仏寺寺仏大過人」は有名な書道家瀋定庵が書いたものだ、順番で読んでも、逆順で呼んでも言葉や意味が同じであり、奇聯と呼ばれる。

父女薇(ぜんまい)

  父女薇は紫薇である、俗称は吉祥樹、痒痒樹と呼ばれる。一般的に落葉アキョウボクであり、赤紫色或いは白色の花で球状な実である。この樹は呉小莉と彼女の父親が樹のスポンサーになっているため父女の樹として父女薇と名付けされた、現在の樹齢が300年以上になる。